外装塗装の塗り回数の違い

外壁塗装を行う工程としては、足場を建物の外周に設置して、養生をしてから外壁を綺麗に洗浄することが行われます。

洗浄作業は非常に重要な部分とされていて、埃や土汚れなどがしっかりおちていない状態で塗装をすると、直ぐに剥がれてしまう可能性があるため、専門の業者でも細心の注意を払って作業を行う内容とされています。

外壁塗装を行う業者によっても塗装する際の工程に違いがあるケースも出てきます。例えば下塗りから中塗り、そして上塗りを行うことが一連の作業工程とされているのですが、依頼した内容や資金的な部分などでも省略をして、1回塗りの本塗りだけで済ませるケースもあります。

しかし現在は殆どのケースで2回塗りから3回塗りで仕上げることが行われています。下塗りには専用のシーラーという塗料を用いり、外壁塗装としては外壁部分と塗料を上手に密着させるための効果を持っているものになります。

また、下地のカラーと全く異なるカラーへと変更する際にも下塗り剤は活躍することになります。2回目に施工する塗料は基本的には3回目以降に塗ることになる塗料と同一のものを使用することになりますが、外壁塗装を行っている専門業者の中には、敢えて若干異なるカラーにすることによって、塗り残しのなどがないように分かりやすさを表現しているケースもあります。

3回目の塗装では、本来であれば上塗り塗装の最終仕上げとして行われるものですが、塗料によっては4回塗りを行って、しっかりとした塗装を施すケースも見られます。