屋根塗装の耐用年数と保証

屋根塗装の耐用年数は、使用する塗料によって異なります。アクリル系やウレタン系なら7年以下、シリコン系なら10年前後、フッ素系15年以上の耐久性があります。但し、環境によって耐久年数は異なりますので、あくまでも期待耐久年数です。

耐久性が低い塗料ほど、工事代金は安くなります。しかし、その分何度も塗り直しをしなければいけないので、結果的には高くなってしまうこともあります。屋根塗装で使用する塗料は、価格と耐久性のバランスを考えながら選ばなければいけません。現在最も使われているのはシリコン系の塗料です。

屋根塗装の技術力が高い業者だと、塗料の耐久性以上にキレイな状態をキープすることもできます。逆に、屋根塗装の技術力が低い業者だと、一般的な目安より、良い状態がキープできないこともあります。初期不慮などは1~2年で起こります。塗った後にこれくらいの期間で剥がれてきた場合は、業者の技術力が低かったことになります。

同じ塗料を使用して屋根塗装をしたとしても、工事を施工した業者の技術力によって、耐用年数の大きな違いになることもあるのです。こうしたことからも、屋根塗装の業者を選ぶときには、技術力の高い業者に工事を依頼しましょう。

屋根塗装の技術力が高い業者なら、塗料の耐用年数以上、屋根の状態を保たせることができます。業者を選ぶときには、技術力と同じく、保証がしっかりしていることも重要です。

保証がしっかりとしている業者なら、もしトラブルがあったときにも安心できるからです。また、保証がしっかりとしている業者は、技術力もしっかりとしていることが多いです。屋根塗装の業者選びは、保証内容も比較するようにしましょう。