外装塗装を修繕費として扱うメリット

事業などで使用している建物については、外壁塗装などの工事を施した場合、適切な処理をしなければなりません。一般の住宅であれば、代金を支払うだけで済みますが、事業用の建物に関しては、経理上の処理が必要になります。どのような目的で外壁塗装を行ったのかによって、処理の方法が変わってくるため、目的をしっかりと決めることが大切です。

建物をより魅力的なものにするために行う外壁塗装については、資本的支出という扱いになるため、建物そのものの価値を上昇させます。経理では、建物という勘定科目を用いて、減価償却の手続きを行うことで費用化していきます。減価償却は、建物の耐用年数に応じて、期末に計算することになります。

しかし、外壁塗装を行う目的には、建物の修繕を行うためのものもあります。この場合は、修繕費という扱いになり、当期の費用として計上することができます。外壁塗装の作業を、修繕費として処理することには、資本的支出とする場合と比べて、メリットがあります。

資本的支出の場合は、減価償却によって一定の金額ずつを費用化していくわけですが、修繕費であれば、支出した会計期間の費用として一括計上することができます。一括して費用を計上することによって、支払うべき税金の金額を減らすことができるのです。税金対策として、大きな効果を持つことになるのが、外壁塗装を修繕費として取り扱うメリットなのです。ただし、適切な金額でなければなりません。