減価償却として計上する方法

減価償却として計上する方法 “事業で使用する建物に対して行った工事などは、内容や目的によって、適切な処理を行う必要があります。一般の住宅の場合とは異なるため、注意が必要になります。

たとえば、建物に対して外壁塗装を施すことは、よく行われています。外壁塗装を行う場合は、その目的を明確にしなければなりません。大きく分けると、2つの目的があります。1つめは、塗装が剥がれてしまった部分に対して外壁塗装を行うものです。この場合は、建物の修理を行ったことになりますから、修繕費としての処理を行います。修繕費となると、支払った会計期間の費用として、一括計上をすることになります。費用になるため、期末に行う減価償却手続きには、特に影響しません。

2つめの目的としては、建物の価値を高めるための外壁塗装があります。塗装が剥がれたりしていなくても、より魅力的な色を塗りたいといった場合です。建物の修繕を行ったわけではないので、修繕費としては処理しません。資本的支出という扱いで、建物そのものの価額を高める処理を行います。

資本的支出としての外壁塗装は、減価償却手続きを行う際に考慮する必要があります。つまり、資本的支出として外壁塗装を行う場合は、当期の減価償却として計上することが可能になるのです。一括して費用にするのではなく、数年に分けて計上していくことができます。

このように、減価償却手続きを行う場合に大きく影響するので、外壁塗装を行う際は、目的を明確にする必要があるわけです。