資産的支出と修繕費の違いは?

建物は、建てたままの状態を永遠に維持することができるわけではありません。建物の内装や外壁は、使用しているうちに劣化していきます。使用を始めたばかりの頃であれば、多少の劣化については無視することができますが、ある程度の年数が経過すると、傷んだ箇所を直していかなければなりません。また、毎年の会期末には、減価償却の手続きを行って、建物の適正な価値を把握する必要があります。減価償却の手続きは、経理上の処理の基本です。

たとえば、外壁塗装を行う場合があります。建物の外壁塗装を行う場合、一部分であれば、所有者が手軽に作業をすることも可能ですが、全体的な外壁塗装を施す場合は、業者に依頼する必要があります。

外壁塗装を業者に依頼する場合は、取り扱いが2つのパターンに分かれます。それは、資本的支出と呼ばれるものと、修繕費と呼ばれるものです。どちらに該当するかによって、経理で仕訳を行う際の勘定科目が変わってきます。

資本的支出というのは、建物そのものの価値を高めるための支出を指しています。外壁塗装を行う目的が、色が落ちてきた部分を修復するものではなく、より美しい色にしたりするなどの場合です。外壁塗装などの作業が、資本的支出であると認められる場合は、仕訳を行う際に、建物そのものの価値を高めていきます。

逆に、色を塗り直すための外壁塗装などの場合は、修繕費として取り扱います。修繕費とされる場合は、費用としての処理を行います。